お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 金杉里織
SPRD-1001  100分     監督/九十九究太
妻の母親が、久しぶりに上京し、我が家に泊まることになった。義母はいわゆるお母さんタイプの、ムチムチした体つきで、妻とは真逆な女性。僕は義母に少なからず行為を抱いており、今回の件も首を長くして待っていた。風呂上がりの義母はほんのりと上気した顔で、可愛く見えた。僕はこっそり浴室へ向かい、義母の下着を物色した。小さく折りたたまれたソレをおもむろに嗅ぐと、義母の香りが僕の股間を刺激した。変態的自慰行為に夢中になっていると、なんと義母がやってきた。バツが悪そうな僕に、義母は、出せていないんでしょ?と優しく聞くと、あの娘になは内緒、今日だけ特別と、言い、僕も股間に顔を埋めた。ねっとり濃厚で絞り上げるようなフェラに僕は堪らず発射してしまった。まさか義母がこんな事をしてくれるなんてと嬉しくなった僕は、フェラだけで満足出来るはずもなく、夜、寝ている義母を襲ってしまった。嫌がっている風の義母だったが、挿入した辺りから様子が変わり、自らも腰を振り始め、僕を包み込んでくれた。
お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 金杉里織