夫の上司に犯され続けて7日目、私は理性を失った…。 高杉麻里
JUY-638  120分     監督/古賀丈士
「僕はいつしか麻里さんに助けを求めていたのかも知れません…。」大病を患う奥さんの見舞い帰り、弱った大木部長はそう言って私に寂しさをぶつけてきたのです。大木部長に一瞬の隙を突かれ私は身体を許してしまった罪悪感に苛まれていました。そんな私の気持ちとは裏腹に大木部長は毎日のようにやってきて私の身体を求めたのです。夫にも相談出来ず行為を受け入れるしかない私は7日目を迎えた夜、自ら大木部長を求め始めて…。
夫の上司に犯され続けて7日目、私は理性を失った…。 高杉麻里